デジタル写真。オススメ・簡単な保存方法!

撮った写真そのままになっていませんか?

今は携帯やデジカメなどデジタルで写真を撮ることが主流だと思います。昔であれば、写真はアナログだったのでプリントしたものやネガをそのまま保管しておけばよかったのですが、デジタルですと「モノ」として存在しないので、その保存方法が分かりにくく、迷われている方も多いのではないかと思います。撮った写真をそのままカメラやメモリーカードに入れっ放しにしていると、大事な写真をあとで見たくなった時に、データが破損していたり、無くなっていたりで見ることができないという事態になりかねません。そこで、幾つか簡単な保存方法を紹介してみたいと思います。

オススメの残し方は?

まず、デジタル写真を扱うには何といってもパソコンが便利です。デジカメとパソコンはセットと考えて差し支えないぐらいです。保存の仕方としては、パソコンのハードディスクに入れておくのが、簡単かつ安全な方法と言えます。ただし、ハードディスクは磁気や衝撃に弱く、稀ですが破損してしまう恐れがあるので、さらに安全を考えるならば、CDやDVDにバックアップを作っておくことをオススメします。こちらも永遠に保存できるわけではなく、数年でデータが破損してしまうと言われているので、時折作り直す必要があります。

パソコンは持っていない、操作がわからないという方は写真屋さんでプリントしてもらったり、CDやDVDに入れてもらったりするサービスをやっているので、利用するといいでしょう。お店の人が全てやってくれるので煩わしい操作は要らないのがメリットです。

前述したものがオススメの方法ですが、もちろん他にも色々あります。大事な写真をいつまでも見るために、自分に合った保存方法を探してみて下さい。

フォトブックは大切な人へ心を込めた贈り物になります。思い出が詰まっているため一生物として手元に置くことができます。