機械式時計で広がる!自分だけのファッション

ファッションとしての機械式時計

正確な時を刻むクォーツ時計が主流となっている現代でも、昔ながらの機械式時計の人気は衰えていません。クォーツ時計が電池で動くのに対し、機械式時計は毎日装着してゼンマイを巻く必要があります。機械式時計は手間がかかる反面、歯車など複雑な部品の組み合わせによって動くというアナログの面白さが多くの人に支持されているのです。また、装飾の優美さや重厚感も機械式時計の人気を支えています。ファッションアイテムとして取り入れることで、大人の品格や威厳を演出することもできます。日々のお手入れを入念に行えば、数十年単位で使い続けることも可能です。そのため、機械式時計の中には年代物のレアなヴィンテージ物も多数存在しています。ファッションアイテムとして、アンティークな機械式時計を選んでみるのも良いのではないでしょうか。

長持ちさせるために大事なお手入れ

機械式時計を大事に使い続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。消耗する部品の交換はもちろんのこと、繊細な部位を傷つけないために慎重に取り扱うことが大事です。特に古い機械式時計の場合は部品自体が細かいため、激しいスポーツをする時などは外して過度な刺激を与えないようにします。メンテナンスを依頼する行きつけの修理屋を決めておくと、何か不具合が生じた時でも安心です。また、表面の汚れをこまめに拭くなど自宅で簡単にできるお手入れも重要です。生き物の世話をするような感覚で接することで、機械式時計の寿命は格段と長くなります。

ウブロとはスイスの高級時計メーカーのことです。会社名の由来である舷窓と同様に、ビスで留めたベゼルが特徴です。