人気に火がついたのは

パテックフィリップに人気に火がついたのは、1851年に英国のロンドンにて開催された第1回のバンコク博物館にて、英国のヴィクトリア女王(1819年生-1901年没)に称賛されたことに始まります。女王から称賛されて英国王室ご用達ブランドとなったことで話題の存在になり、世界中の王族・貴族にも愛用されるようになり、ブランド価値が高まっていきました。

その後の世界での称賛のされ方

その後の扱われ方として一番有名な話であるのは、スイス発祥で約200年の歴史を誇るパテックフィリップは「世界3大腕時計メーカー」の一つとして扱われるまでになったということです。そういった意味では現在、世界トップ3に入るランクの腕時計ブランドという事になります。そして、その中でも、他の2つの世界3大ブランドを上回る扱われかたで「世界最高峰の腕時計ブランド」という呼び声も高いため、世界最高ランクの腕時計ブランドともいっていい存在です。

日本でのポジションとは

パテックフィリップの存在は、日本でも成功したセレブ達の間ではとても有名な存在です。そして、たくさんのお金を手に入れたならパテックフィリップの腕時計を手にしてみたいと夢見ている若者が多数いるほか、成功の証として自分へのご褒美でパテックフィリップの腕時計を購入する人も多数います。また、2000年には、事前に一生使える時計が欲しいと漏らしていた国民栄誉賞受賞の金メダリストに対して、数あるブランドの中から、記念品としてパテックフィリップの腕時計が贈呈されました。このことは、日本政府がパテックフィリップを国民栄誉賞の記念品としてふさわしい、名実ともに最高ランクのブランドとしてみている証拠といえます。

パテックフィリップはスイスの高級時計メーカーです。どんなに古い時計も修理するのがモットーで一生使える時計を売っています。