見た目スッキリ、間仕切りや目隠しとしての機能も

ロールスクリーンの最大のメリットは、何と言ってもそのスッキリとした見た目と言えるでしょう。カーテンのようにひだがなく表面がフラットでスッキリしているため、部屋を広く見せる効果が期待できます。また、シンプルでスタイリッシュな印象を与える役割も果たします。上下に開閉もしやすく、巻き上げている状態のときには開放感を感じられるでしょう。また、リビングやダイニングの間にちょっとした間仕切りが欲しい場合などにもロールスクリーンはおすすめです。扉がない棚などにものを収納していて、ごちゃごちゃしている印象をどうにかして目隠ししたいとういう時にも便利です。小さな窓にも取り付けやすい点も見逃せません。色やデザインも豊富です。

洗濯が大変、巻き上げに注意が必要

ロールスクリーンの中にはウォッシャブルタイプのものもありますが、洗濯するためにはスクリーンを巻き上げるメカ部分と布部分を取り外す必要があります。この取り外し作業が少し面倒であり、雑に取り扱うと布地が破れてしまう可能性もあるので注意が必要です。また、スクリーンを巻き上げる時にズレることがあり、そのまま巻き上げると端の部分が折れたり汚れたりしてしまうので慎重に行いましょう。ロールスクリーンは一番下に重りとなるウェイトバーがあるのですが、窓を開けた時に風に揺られてバーが窓に当たり音が鳴ることがあります。ベランダなど人が出入りする掃き出し窓に取り付けた場合、行き来するたびにロールスクリーンを巻き上げる必要があるため、あまり人の出入りがあるような場所には取り付けないほうが無難でしょう。

オーダーのロールスクリーンは、店舗販売だけでなくインターネット販売も行われており、店舗へ足を運ぶのが難しい人でもスムーズに購入できます。